会員インタビュー

ホーム > 会員インタビュー > 会員インタビュー > 和久田建設株式会社の現場監督川上貴史さんが答える建築業界インタビュー

和久田建設株式会社の現場監督川上貴史さんが答える建築業界インタビュー

インタビューについて

建築業界に携わる方々を中心にインタビューする企画です。 八代 和久田建設株式会社 川上 貴史さんにお越しいただきました。 三和建設(株) 取締役 川瀬 大護委員をインタビュアー、松本建設(株) 代表取締役社長 松本委員に書記として、全員が緊張されている中にも楽しく進みました。

 

 

お名前と現在の職場での経験年数、担当業務を教えてください。

川上 貴史(カワカミ タカシ)さん(小川工業高校卒)
和久田建設(株) 工事課勤務 現場監督 
勤続年数 1年6ヶ月 主に施工図全般の作成及び作業指示書の作成など。

 

現在の会社に入社する前に、どんなことで悩んでいましたか?

上司や先輩、職人さん方と上手くコミュニケーションがとれるか不安だった。
元々建築関係に入職しようと考えていたし、両親からの希望もあり、県内で就職しようと思っていた。

業界へのイメージ、不安に思っていたことなどを教えてください。

高校の先生から「危険・汚い・きつい」と言われていたので、そのイメージ。

 

何がきっかけで、今の会社を知りましたか?

先生や先輩から今の会社の事を聞いたりした。

今の会社を知ってすぐに応募しましたか?
すぐに応募しなかったとしたら何故ですか?

基本的には学校への求人票で申し込んだ。
すぐに応募しきれなかったので会社のHPを見たり、会社の近所の知人に会社の様子などを聞いて応募した。

 

何が決め手となって今の会社への応募・入社を決意されましたか?

両親から熊本に残ってほしいと言われたのが決め手。

実際に働いてみての感想を教えてください。
また、事前に思っていたイメージとのギャップがあれば教えてください。

力仕事や汚れる仕事が多いと思っていたが、意外にデスクワークが多い事にギャップを感じた。
職人さんは怖いと思っていたけど、皆さん優しい方々ばかりでほっとした。

 

現在の担当業務のやりがい、楽しいと感じる部分を教えてください。

自分で作成した施工図を元に、職人さん方が現場で建物を造ってくれていく過程が楽しいし嬉しい。とてもやりがいのある仕事だと思う。



仕事を通じて、最近一番うれしかったことを教えてください。

まだ、働いて間もないが、「川上君の為にやるよ」と言ってくれた職人さんが居てくれたのが嬉しかった。

どのような方と一緒に働いてみたいですか?現在の担当業務に向いている方はどのような方ですか?

ベテランの所長やコミュニケーションが上手な方と仕事を一緒にしてみたいし、社交的な方がこの業務に向いていると思う。
まだ、現場は女性の方が少ないので、女性の方がたくさん働いてくれるようになってほしいとも思うし、将来は一緒に働いてみたい。

将来の夢は?

自分の家を建ててみたい。

趣味、休日の過ごし方は?

弟と一緒にゲームを買いに行ったり。(仲のいい双子の弟さんがいらっしゃる)
学生時代は硬式テニスをやっていたが、社会人になってからはインドア派になっているので、機会があればまたテニスも始めたい。

これから、同じ業界を志す方へメッセージをお願いします。

サムネイル

ご協力ありがとうございました

編集後記―川瀬委員

川上君の第一印象は、とても爽やかな好青年。
そして、インタビューを進めていくうえで、とても真面目で、建設業に夢を持ち、志高く、生き生きと働いているなと感じました。
インタビュー中もハキハキと回答し、とても気持ちが良かったです。
入社1年6ヵ月で、施工図全般を作成しているとのことで、驚きと感動を持ちました。
これから、年月を重ねるにつれ、更に責任ある仕事に就くと思いますが、どんどんチャレンジして、入社当時の気持ちを大事にし、成長してもらえたらいいなと思いました。
川上君、お忙しい中ありがとうございました。

  • 和久田建設株式会社 川上 貴史
    業務内容
    土木工事業/建築工事業/とび/土工工事業/鋼構造物工事業/舗装工事業/しゅんせつ工事業/水道施設工事業/石工事業/屋根工事業/タイル・レンガ・ブロック工事業/板金工事業/塗装工事業/防水工事業/内装仕上工事業/建具工事業/解体工事業
    〒862-0976
    熊本市中央区九品寺2丁目8番19号
    ホームページ:http://wakuda.jp/

バックナンバー

お問い合わせ

タクミライへのご質問、法人会員申込みについてお問い合わせ頂けます

  • お電話
  • メール